「四日市公害と環境未来館」で終日学外実習

  • 2017/6/3

2017年6月3日(土)、総合政策学部の専門科目「環境政策」の学外実習が「四日市公害と環境未来館」で行われました (科目担当者:鬼頭教授・神長教授)。

今年度より環境情報学部専門科目「環境と社会」との乗り入れ科目となり、この日は2学部による学部横断型合同学外実習となりました。合計39名の受講生が参加しました。

「環境政策」では、現代の環境問題を考える上で、まずはこの地で起きた四日市公害を社会学的・政策学的観点から学ぶことを目指しています。

そのため、受講生が講義で学んだ知識への理解をより深め、さらに〈自分事〉として問題を捉えられるよう、学外実習は終日かけてじっくり行われました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る