四日市東日本大震災支援の会第43回派遣:熊本県西原村

  • 2017/7/1

総合政策学部学生が中心となって2011年に立ち上げた四日市東日本大震災支援の会は、6月30日の夜に大学を出発して7月1日に熊本県西原村の仮設住宅でサロン活動を行いました。参加したのは、四日市大学、四日市看護医療大学、鈴鹿医療科学大学、三重大学の学生、運転ボランティアの卒業生・消防士、総勢19名で、支援の会の43回目の活動でした。たくさんの子供たちが集まってくれました。お年寄りには、足浴とお茶会で癒しのひと時を過ごしてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る