「音」で紡ぐ幻想的な世界(四日市市民大学はじまる)

  • 2017/11/9

(ふだんのスタジオとは空気感が異なる11/9「雅楽」の回)

四日市市民大学が今年も始まりました。

今年の四日市大学企画(Dコース)は「『音』で紡ぐ世界の文化・芸術Ⅲ~日本の音の情景を訪ねて~」と題し、本学のスタジオをフル活用して行います。

11/2の初回、そして最終回の12/7は総合政策学部の鬼頭教授がナビゲーターを担当します。

 

(参考)2016年度:四日市市民大学に水俣からゲスト講師
【外部リンク】平成29年度四日市市民大学講座案内(四日市市市民文化部文化振興課)⇒PDFが開きます

※四日市市民大学は毎年、テーマを変え、例年6月以降に一般募集が開始されます。詳細は上記をご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る