青空に、白いヒコーキが舞う

  • 2017/9/8

8月23日午前・午後、四日市大学エコキッズ特別工作講座※「青空に、飛ばして君もヒコーキ名人!」が開催されました(「四日市公害と環境未来館」1階研修・実習室)。今年も講師に総合政策学部の鬼頭浩文教授と神長唯教授が登壇し、工作の補助に総合政策学部・環境情報学部の学生スタッフ計6名が加わりました。

前半、「青空が戻るまでの四日市についても学ぶ」を神長教授が担当し、参加した小学生と保護者の全員で市立博物館の常設展示と「四日市公害と環境未来館」を見学しました。神長教授は、「四日市公害と環境未来館」のボランティア解説員の資格ももっています。

後半はいよいよ、鬼頭教授が独自設計した紙飛行機づくりに全員で挑戦です。さらにスチロール製のヒコーキを組み立てました。

今回の目玉は「青空が戻った四日市」の夏の青空へ向かって、紙飛行機とヒコーキを飛ばすことです。参加した小学生は暑さをものともせず、飛行機・ヒコーキを熱心に飛ばし続けました。

 

※「四日市大学エコキッズ夏休み講座」は「四日市公害と環境未来館」と本学の連携事業です。

(「四日市市と四日市大学との連携に関する協定書」2014年10月28日締結にもとづく同館の活用の一例)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る