秋とともに深まる社会連携(最新版報告書発行)

  • 2017/9/28

〔写真は第2回地域連携フォーラムであいさつする松井センター長〕

総合政策学部の松井真理子教授がセンター長を務めます、社会連携センターの「平成28年度版 社会連携報告書」が発行されました。

最新版では、さまざまな角度から本学の教職員や学生による地域連携の取り組みを知ることができます(文部科学省COC事業も掲載)。

総合政策学部の場合、非常に多岐にわたる社会連携(地域活動・社会貢献活動等)に取り組んでいますが、あいにく本サイトでもそれら全てを紹介するに至っておりません。

地元四日市市だけでなく、三重県、そして広く東海圏を舞台に行われている教員や学生による諸活動にご関心をお寄せの方はぜひ一度、本報告書を手に取っていただければ幸いです。

なお、以下の社会連携センターのサイトでも、PDF形式で公開中です。

詳しくはこちら⇒「平成28年度版 社会連携報告書」を発行しました(9/15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る