熱弁ふるう2時間半!

  • 2017/11/20

2017年11月18日(土)、「四日市公害と環境未来館」ボランティア解説員養成講座が開講されました。今年も、神長唯総合政策学部教授が初回講師(注)をつとめました。

今年でいよいよ4回目を迎えた同養成講座は連続講座です。初回となるこの日、神長教授は解説員志望者に対して四日市公害にかんする講義を2時間半にわたり行いました。前年度の講義よりもさらに一歩踏み込み、「四日市公害と環境未来館」の公害資料館としての位置づけや、解説員の重要性などを丁寧に説明しました。フォローアップ研修として参加した現役ボランティア解説員の方をはじめ、皆さん非常に熱心にメモをとり、聴いてくださいました。最後は質問が相次ぎ、予定時間を大幅にオーバーして終えました。

(注)今回の講師派遣は、「(仮称)四日市公害と環境未来館」の活用について締結した「四日市市と四日市大学との連携に関する協定書」に基づく活動です。

(参考)2016年度はこちら⇒COCサイト:神長准教授が「四日市公害と環境未来館」解説員養成講座講師担当(11/19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る