くまモンが四日市大学に感謝を伝えに来ました!

  • 2017/11/21

四日市大学の学生が中心になって活動している災害支援の団体、

四日市東日本大震災支援の会は、東北だけでなく、国内各地の災害で活動しています。

熊本地震の発生を受けて、昨年4月から四日市市と協働で支援を続けています。

2016年は、5・7・9・11月に、2017年に入ってからも、3・5・7・9・11月に、

熊本県西原村で避難所や仮設住宅の支援をしてきました。

その支援活度に対し、「くまもとから感謝をプロジェクト!」として、

本学にくまモンがお礼に来てくれることになりました。

11月21日の昼休み、突然現れたくまモンに会場の学生たちは大興奮、

市長による名刺交換、支援の会代表への感謝色紙の贈呈、

支援活動に参加した学生たちとのハグ、くまモン体操と、楽しい時間を過ごしました。

イベントの様子は、 NHK、三重テレビ、CTY、中日新聞などで取り上げられました。

市長とくまモンの名刺交換

支援の会の代表と副代表に色紙の贈呈

支援の会の次期学生リーダーとハグ

四日市看護医療大学の学生も大喜び!

四日市大学と四日市看護医療大学の学長らも恥ずかしそうにハグ

支援の会1年生も満面の笑顔!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る