四日市学バス研修で学生も活躍

  • 2016/8/2

8月2日、全学共通科目「四日市学」(地域志向科目)のバス研修が行われました。昨年に引き続き、総合政策学部の鬼頭教授と神長准教授が引率役をつとめました。

「そらんぽ四日市」では、3階の四日市市立博物館と2階の「四日市公害と環境未来館」を中心に見学し、受講生約60名の引率補助に総合政策学部の一年生4名も活躍してくれました。

授業期間の関係上、とくに暑い時期となった午後の磯津訪問では、四日市公害の「語り部」である野田之一さんが少しでも楽なよう、日除け係を頑張ってくれました。

なお、学生スタッフが奮闘する様子は、4日付の中日新聞北勢版に写真入りで掲載されました。

詳しくはコチラ
今年も地域志向科目「四日市学」のバス研修を実施(8/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る