公害教育の取り組みを地域に報告

  • 2016/2/6

2/6、神長唯准教授が「第1回地域連携フォーラム」の分科会で地域に本学の取り組みを報告しました。
午後の「環境2」分科会において、「四日市公害と環境未来館」を地域の「学びの場」として位置づけた本学の実践報告を、連携先である「四日市公害と環境未来館」の岡田副館長と合同で発表しました。

昨年の同館開館記念に作成した本学の取り組み展示パネルの内容を、環境1と環境2の分科会でそれぞれ報告した形です(「環境1」は環境情報学部が主担当)。神長准教授は、環境2の分科会の司会進行と、各分科会でおこなわれた討議内容を共有するための全体会へのミニ報告もあわせて担当しました。

【写真は2015年の「四日市公害と環境未来館」開館記念「四日市公害に学ぶ~持続可能な北勢地域へ~」(4階特別展示室の本学ブース)の展示】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る