国立科学博物館(東京・上野)で話題提供

  • 2016/9/9

9月9日、国立科学博物館(東京・上野)が主催する国際シンポジウム「ともに成長する博物館」(9/9-9/10の2日間の開催)に総合政策学部の神長唯准教授が登壇しました。

国際シンポジウムの初日テーマは「コミュニケーションを促す博物館活動」でした。そもそも国立科学博物館は〈自然史・科学技術史に関する総合博物館〉ですので、リニューアルオープンした同館の施設や他の自然史系博物館の報告に混じり、他分野からの事例報告として特別に「話題提供」をする運びとなりました。

神長准教授は「地域の『学びの場』としての公害資料館:四日市公害と環境未来館の誕生」と題して、昨春オープンした「四日市公害と環境未来館」について、ていねいに紹介しました。

続くパネルディスカッション「知の循環型社会におけるこれからの展示・学習支援活動」のパネリストも務めました。会場からも、地域とのつながりや博物館としての環境学習の機能についての質問が寄せられ、博物館と一体となった「四日市公害と環境未来館」で展開される「知の循環」について答える場面もありました。初日のこの日は九州から北海道までの博物館関係者等が100名以上、聴講しました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る