東海・北陸B-1グランプリin坂井に参加!

  • 2016/9/25

久しぶりの投稿です。9月15日から後学期の授業が始まり、学生たちも大学に戻ってきました。
さて、後学期の授業の一つである「食とまちづくり」、この授業の一環で、9月24日・25日と泊りがけで、福井県坂井市で開かれた「2016東海・北陸B-1グランプリin坂井」に行ってきました。
B-1グランプリは、「ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(通称:愛Bリーグ)」が主催する、まちおこしのイベント。各地から、ご当地グルメを使ってまちの活性化を目指しているボランティア団体が集結します。
学生たちはこのイベントに、小林慶太郎教授が代表を務めている「四日市とんてき協会」の、スタッフとして参加してきたわけです。
kk160924-02kk160924-01
24日の早朝5:30に大学に集合し、再び大学に戻ってきたのは25日の22:00過ぎという強行軍でしたが、参加した学生たちはスタッフの一員として、笑顔を絶やさずに存分に四日市の魅力をPRしてきてくれました。
kk160925-01kk160924-03kk160925-05kk160925-02
表彰式では、「Do it!松阪鶏焼き肉隊」がシルバーグランプリ、そして「津ぎょうざ小学校」がゴールドグランプリと、三重県勢が1・2フィニッシュしたものの、残念ながら四日市とんてき協会は5位までには入れず…
kk160925-07
しかし学生たちは、大の大人たちが本気で大真面目に様々なパフォーマンスに取り組んだり大声を出してまちのPRをしているのを目の当たりにして、多くのことを学べたのではないかと思います。

このイベントでの経験を、これから活かしていってくれればと思います。なお、閉会式では、次回の東海・北陸B-1グランプリが来年の2月に静岡県富士市で開催されることが、発表されました。
kk160925-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る