四日市大学公開講座@そらんぽ

  • 2016/11/3

11月3日(木・祝)、平成28年度四日市大学公開講座を開催しました。本講座は、COC事業であるとともに、四日市市との連携協定にもとづく「四日市公害と環境未来館」との連携事業のひとつです。そらんぽ(「四日市公害と環境未来館」と市立博物館の総称)1階の講座室を会場に、当日参加を含め55名の参加がありました。

今年度は、水俣病公式確認より60年を迎え、春にリニューアルオープンした水俣市立水俣病資料館の草野徹也副館長をゲスト講師としてお招きしました。

「あなたはどんな未来をつくりますか~水俣病資料館リニューアルに際して」と題した基調講演に続き、当日の司会進行役を務めた神長唯総合政策学部准教授とのミニ対談が行われました。会場の関心も非常に高く、多数の質問が寄せられ、ミニ対談にそれらを全て盛り込む形で草野副館長には詳しく回答いただきました。なお、神長准教授の後期の講義を履修して水俣病や四日市公害について学んでいる総合政策学部や環境情報学部生計6名も参加し、熱心に耳を傾けていました。

基調講演の内容など当日の詳細についてはコチラ(COC事業サイト)も併せてご参照ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る