学生が市の委員に委嘱されました

  • 2016/11/9

私たちの大学がある四日市市は、来年(2017年)市制施行120周年を迎えます。
これを記念した事業の案などを企画検討するための会議「四日市市制施行120周年記念事業企画委員会」が、このほど四日市市によって設置されました。
kk161109-7
11月9日に開かれた第1回の会議では、市長から委嘱状が各委員に手渡され、総合政策学部2年の水谷晴香さんが、若者代表3人のうちの1人として委員に委嘱されました。
kk161109-1
また、委員の互選で委員長の選出が行なわれ、学識経験者として委員の委嘱を受けた総合政策学部の小林慶太郎教授が、委員長に選出されました。
kk161109-5
初回のこの日は、市役所の政策推進課からの資料説明のあと、小林教授の進行のもと、事業全体を通じたコンセプトや記念事業のシンボルマークの作成などをめぐって、早速熱い議論が交わされました。
kk161109-6
若者代表としては唯一の出席者であった総合政策学部2年の水谷さんも、「多くの市民に周知できるようスポーツイベントを活用してはどうか」などの意見を積極的に述べ、その役割をしっかり果たしていました。次回は1月中旬に開催される予定です。
kk161109-4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る