四日市四郷高校・四日市商業高校で2日連続の防災講話

  • 2016/12/20

三重県教育委員会主催の学校防災ボランティア事業に参加した四郷高校の女子生徒2名と、同事業の学生リーダーを経験した宮城出身で被災体験をしている本学の学生2名(鬼頭ゼミ所属)、総合政策学部教授の鬼頭とで、2日連続の防災講話をしました。両校とも全校生徒対象で体育館で実施しました。寒い体育館でしたが、生徒が真剣に防災について考える機会になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る