伊勢湾の水質環境改善に向けて

  • 2017/1/31

2017年1年31日、神長准教授が専門委員の一人をつとめる、三重県環境審議会水質総量削減部会が3回にわたる集中審議を終えました。
今回最終回を迎えた同部会は、環境省の打ち出した「第8次水質総量削減基本方針」を受け、三重県としてどうするか、対象となる伊勢湾の実質的な汚染物質等の削減計画を策定するための専門部会です(設置根拠:三重県環境審議会条例)。伊勢湾の水質は三重県だけでなく、岐阜県、愛知県もおおいに関係するため、3県でそれぞれ連携しながら進められます。部会としての審議結果は、一週間後に開催を予定する三重県環境審議会に最終報告されます。

これまでの審議概要や資料等は三重県がすべて公表しています:三重県環境審議会 水質総量削減部会

(注)現在、三重県のサイトは調整中につき、今後リンク先が一部変更される可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る