米山奨学生に選ばれました

  • 2017/4/9

全国のロータリークラブが合同で設けている米山記念奨学金という奨学金を、今年度、本学の2名の学生がいただけることになりました。昨今、学生ローンのような貸与型の奨学金が問題になっていますが、この米山奨学金は、いわゆる給付型の返還の義務のない奨学金です。
全国に20万人あまりいる外国人留学生の中で、今年度この奨学金をいただけるのは795人。狭き門と言って良いでしょう。この奨学生に、総合政策学部4年に在籍するネパールからの留学生である ビソワカルマ スディルくん(本学からのもう1名は経済学部に在籍するベトナムからの留学生)が選ばれました。

この奨学金のユニークなところは、地域のロータリークラブに「世話クラブ」になっていただき、そのクラブの方にカウンセラーになっていただくなどのお世話になりながら、奨学生がクラブの活動にも参加させていただくことになる点です。学内だけの勉強にとどまらず、様々な経験をさせていただけることになります。

4月9日、名古屋で、このカウンセラーの方や奨学金を受ける学生、そしてその学生のゼミ等の指導教員のための説明会が開催されました。

ロータリー米山記念奨学会の村橋理事をはじめ様々な方からお話を伺って、あらためて、今後 学生が地域のロータリアンの皆さんに可愛がっていただけることが、よく分かりました。今後の成長が楽しみです。

<写真左から、指導教員である小林教授、スディルくん、村橋理事、カウンセラーとしてお世話くださる四日市西ロータリークラブの西村様>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る