カテゴリー:地域活動

    学生の被災地ボランティアにNHKが密着取材

    「四日市東日本大震災支援の会」(代表:鬼頭浩文総合政策学部教授)による被災地ボランティア活動は、2011年3月11日に起きた東日本大震災を契機に結成された団体です。同年5月より現在に至るまで毎年、地道に継続支援を行ってい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    高校生選挙セミナーをアシスト

    選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられて2年、若者の選挙への関心や投票率の向上に、期待が寄せられています。 そうしたなか、8月3日、四日市市文化会館第4ホールにて、四日市市選挙管理委員会主催の初の試みである「高校生選挙…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    夏休みだって休まない!

    7月28日に前期の試験が終わり、学生たちは29日から、長い夏休み(9月中旬まで)に突入しました! とはいえ教職員は、この夏休み期間中も、決してのんびり休んでいる訳ではありません。むしろ、この時期こそ、日ごろじっくり時間…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    四日市市制120周年特集で対談

    8/1、四日市市は記念すべき〈市制120周年〉を迎えました。 同日付の中日新聞「四日市市制120周年特集」企画2面に、神長唯総合政策学部教授と「四日市公害と環境未来館」大杉学芸員との対談が大きく掲載されました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    松井ゼミが在宅フェアで発表しました

    7月23日(日)、松井ゼミの4年生が、四日市文化会館第2ホールで開催された「在宅フェア」で調査結果を発表しました。統一テーマは、「高齢社会においていかに地域で生きるか」です。 第1部は森市長も登場する寸劇とホームホ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る