鶴田ゼミがサナテックを訪問取材(協創ラボ)

  • 2018/6/8

学生が地域を「学びの場」とする本学の取り組みの一つとして、「協創ラボ」があります。
今年も、鶴田利恵総合政策学部教授率いる鶴田ゼミによる「協創ラボ」の活動が始まりました。

初回となる5月31日、一般財団法人食品分析開発センターSUNATEC(四日市市赤堀新町9−5)を訪問、学生がインタビュアーとなって取材してきました。SUNATEC(サナテックと読みます)は食品の成分分析を行っている企業で、「人にやさしい取り組みをしている三重の企業」でもあります。
※紹介記事は、NPO法人ワークスタイル・デザインが7月に発行する『ぱれっとvol.13』に掲載予定。

詳しくは以下を併せてご覧ください。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る