三重からダイバーシティの風を~ともに輝く(きらり)~

  • 2018/7/13
【今年3月に発行された県のパンフレット】

7月12日(木)午後、「三重県におけるダイバーシティ推進について」というタイトルで三重県環境生活部ダイバーシティ社会推進課の担当者お二人をゲスト講師にお招きして特別講義が行われました。総合政策学部の4ゼミ(鬼頭・小林・中西・鶴田)が参加し、そもそも「ダイバーシティ」とは何なのか、私たちはどう取り組めば良いのか、県はどのような取り組みをしているのかなどについて、詳細な資料とともにお話いただきました。昨年12月に策定され、今年3月に発行されたばかりの冊子「ダイバーシティみえ推進方針~ともに輝く(きらり)、多様な社会へ~」は、三重県としていかにダイバーシティ社会を推進してゆくかの決意・考え方を詳しく示したものです。

「ダイバーシティみえ推進方針」の冊子を手に、静かに耳を傾ける学生たち。

学生からも、「実際にダイバーシティに取り組んでいる企業を教えてください」、「我々大学生に期待することは何ですか?」などの質問が出されました。

参考:三重県こだわりの冊子はこちらから閲覧可能です「ダイバーシティみえ推進方針 ~ともに輝く(きらり)、多様な社会へ~」(PDF)

※冊子イラストでは「ウォーリーを探せ!」のように鈴木知事を探す楽しみもあったりします。ぜひご覧ください。

 

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る