ロールプレイで深まる公害への学び

  • 2018/8/4

2018年8月4日、「ロールプレイで四大公害を学ぶ」が「四日市公害と環境未来館」研修・実習室で開催されました。この日の講師(ファシリテーター)を、総合政策学部の神長唯教授がつとめました。また、学生ボランティアとして、総合政策学部と環境情報学部から男子学生が1名ずつ参加してくれました。

今回は、四日市公害と環境未来館主催「こどもエコゼミ」による新企画です。
四日市公害に限らず「四大公害」病にまなびの対象を広げ、さらにロールプレイも初めての試みです。

参加者は小学校高学年とその保護者計15名です。
前半はロールプレイです。近未来という設定で、未知の公害が地域で起きたとしたらどうするか、参加者全員で、演じることを通して考えました。
教材開発はあおぞら財団(公益財団法人公害地域再生センター[大阪市西淀川区])が手がけました。昨年度より本学の地域志向科目「地域社会と環境」(担当:神長唯)でもすでに取り入れられており、受講生にも大変好評です。

後半は「四大公害」病にかんするレクチャーです。夏休みの自由研究のために参加した児童も多く、真剣にメモを取っていました。また、事前にロールプレイで公害を「自分事」としてとらえられたことも大きかったようです。

※当日の様子は、あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館「資料館だより」No.65(2018年8月号)にも掲載されました。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る