にっしんわくわくミライ会議

  • 2019/6/8

愛知県日進市で行われた、次期総合計画の策定に向けたワークショップ「にっしんわくわくミライ会議」において、小林教授が講師を務めました。

総合計画は、地方自治体にとって最上位の計画に当たるもので、市がこれからどのような施策を進めて行くのかの基本となるものです。その策定に向けて市民の意見を聴くために、無作為抽出で選ばれた市民による市民討議会と呼ばれるスタイルで開かれたのが、「にっしんわくわくミライ会議」です。

当日、小林教授は、専門家として「市民討議会の概要と参加の心得」および「10年後のまちづくりを考える視点」という二つのミニレクチャーと、各グループの発表に対する講評を行いました。

6月30日にもう一度同じ市民の方々が集まり、さらに掘り下げた意見交換ののち、市への提案を整理されていくことになります。熱心に取り組んでいらっしゃった市民の皆さんの声が、今後、日進市の総合計画や個別の施策に、どのように反映されていくのか楽しみです。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る