学生機能別消防団の近況

  • 2019/7/12

学生消防団は、支援の会の会員として2回以上の被災地支援ボランティア活動に参加し、防災士資格を取得した学生を、11月1日に入団させます。現在、定員は23名で、19名が活動しています。このほかに、警察・消防などを希望する学生は、地域の分団に所属を勧めており、現在は4人が四日市市内の大学立地地区の八郷分団、あるいは自宅のある分団に所属しています。地域の分団に所属している4名も、機能別消防団の防災の活動には参加します。つまり、防災に関する活動をする団員が23名いる計算になります。活動内容は、平時には防災啓発が中心で、地域や学校の防災訓練のお手伝い、 災害時には、避難所と災害ボランティアセンターの運営をします。これらの活動のために、日ごろから集まってワイワイと研修をしています。炊き出し訓練と称して、ナベやBBQパーティーもします。

2019年1月以降の約半年間の活動:
1/13:四日市ドームでの出初式で展示&要救助者役
2/10:県教委主催の防災サミットで炊き出し展示&防災講話
2/18:四日市南中学、防災講話
3/6:四日市大学教職員防災研修で炊き出し展示&防災講話
3/18:朝明高校膨大講話
5/12:四日市ドーム子供まつりで消防の展示手伝い
6/15:避難所運営訓練HUG指導
6/16:普通救命講習指導
6/22:災害ボランティアセンター運営訓練
7/23:四日市市消防主催☆わくわく☆学BOUSAI
8/25:普通救命講習指導(鈴木知事が視察に来る)

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る