参院選に向けて啓発実施

  • 2019/7/14

7月21日の第25回参議院議員通常選挙の投開票日に向けて、近鉄四日市駅前の街頭で、投票への参加を呼び掛ける啓発活動が実施されました。
この啓発活動は、四日市市選挙管理委員会、四日市市明るい選挙推進協議会、四日市選挙啓発学生会「ツナガリ」の3者合同で実施されたもので、ツナガリからは、8名の学生(うち7名が総合政策学部の学生)が参加しました。
啓発活動終了後、ツナガリの代表を務めている総合政策学部4年の島津君(7月14日の中日新聞朝刊社会面にも載っていた学生です)が、三重テレビの取材に応えていました。この様子は、夕方18時からの三重テレビのニュースで、放送されました。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る