総合学習をお手伝い

  • 2019/7/26

小林教授が、鈴鹿中等教育学校の1年生の総合学習の授業を、お手伝いしてきました。

同校の1年生は今年度、「どうすれば三重県の魅力度ランキングを上げられるか?」というテーマで、グループ学習に取り組んでいます。その一環として、この日は先ず、小林教授が「地域の魅力度を上げていこう! -〝四日市とんてき〟を例に- 」と題して講演しました。講演の中では、隠れた魅力への驚きなどの「意外さ」、遊び心や面白さなどの「楽しさ」、そして「分かりやすさ」の、3つの「~さ」が揃っていると受け手の心にも伝わりやすい、といったPRのコツなどにも触れていました。

講演に続いて後半はグループワーク。グループごとに三重県の隠れた魅力を見つけ出し、その魅力をターゲットに合わせてどう発信していくか、「何を」「誰に」「どうやって」ということを、考えてまとめていました。

最後は、各チームのまとめをお互いに見合って評価。小林教授からの講評と今後に向けたアドバイスで、締めくくられました。この日の学びを活かされ、さらに成長されていくことを期待しています。

関連記事

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る