松井ゼミが「みんつく予算」に参加

  • 2019/10/20

三重県が、令和2年度当初予算に向けて、県民参加型の「みんなでつくろか みえの予算」(みんつく予算)に取り組んでおられます。県で設定された20のテーマに沿った、具体的な事業提案を募集するものです。四日市大学松井ゼミでは、2年生ゼミと3年生ゼミで参加しました。2年生ゼミは、20のテーマのうち、学生の希望が多かった「子どもたちのインターネットトラブルの未然防止」、3年生ゼミはゼミでもともと取り組む予定だった「食品ロスの削減」です。学生をグループに分け、それぞれから出された提案を精査して、1つの事業に組み立てました。学生にとっては、事業をどう組み立てるのか、費用はどんなところにかかるのか、初めて考える機会になりました。2年生の提案は「深刻ドラマ啓発事業」、3年生の提案は「三重県食品ロス削減グランプリ事業」です。10月18日の締め切り日に、インターネットで応募しました。結果が楽しみです。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る