なやプラザ市民協働まつり

  • 2019/10/19

 10月19日(土)、四日市市 の「なやプラザ」 にて、「第4回なやプラザ市民協働まつり」が開催されました。 なやプラザは、四日市市が開設している、生涯学習など市民の活動をサポートする拠点施設です。統合されて廃校になった旧納屋小学校を活用した施設で、公益財団法人ささえあいのまち創造基金が、指定管理者として管理運営しています。

 公益財団法人ささえあいのまち創造基金の代表理事でもある総合政策学部の松井教授の挨拶で始まった市民協働まつりは、市民協働に関わる様々な主体の相互理解の促進や、市民協働に関する情報、NPO・市民活動団体等の情報発信を行い、広く市民にPRすることを目的にしているイベントです。

挨拶をする松井教授

 多くの市民活動団体がブースを出展する中、今回は初めて総合政策学部の小林教授が代表を務める四日市とんてき協会も、出展していました。サークル・生涯学習団体による日頃の活動の成果の発表もあり、団体や市民相互の間の交流が深められた一日となりました。

四日市とんてき協会(左が小林教授)

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る