高校生がTGから学んだこと

  • 2019/12/22

 鬼頭教授が審査員を務めた「みえの子ども『夢☆実☆現』応援プロジェクト」(主催:三重県)に採択された企画の一つで、その縁から四日市大学も後援したイベント「高校生がトランスジェンダーから学んだこと 第2弾」が、12/22(日)津市の高田会館で開催されました。

 企画・主催したNPO法人NFT(New Future of Transgender)は、高田高校の生徒が主体となって設立された団体です。当日は、NFTのメンバーのコーディネートでトランスジェンダーの当事者や保護者の方などが登壇したパネルディスカッションや、トランスジェンダーを公表している現職の中学校教諭による講演が行われました。

 会場には、この企画のアドバイザーを務めた小林教授のほか、聴講に来た総合政策学部の1年生の姿もありました。日頃の授業だけではなく、こうした様々な場を通じて、様々な人々から様々なことを学ぶ機会が得られるのも、総合政策学部の魅力なのではないかと思います。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る