県信用保証協会と覚書締結

  • 2020/1/15

 1月15日(水)、三重県信用保証協会と本学との覚書の調印式が、本学で開かれました。

 信用保証協会は、中小企業が事業資金を借り入れる際などに、公的な保証人となって金融の円滑化を図ることで、 中小企業の育成を金融の側面から支援する機関です。創業支援や事業継承の支援などにも、積極的に取り組んでいます。

 後継者不足に悩む企業の増加や県内の企業数の減少などに危機感を抱いた同協会からの申し入れを受け、「起業者等支援に係る業務連携・協力に関する覚書」を締結しました。

 早速、 来年度から同協会の方に総合政策学部の「起業論」の授業にご登壇いただくほか、同協会が主催する創業セミナーなどへの学生の参加も増やしていく予定です。学生たちが将来、地域社会で活躍できる人材となっていくための、より実践的な学びの場が充実していくことになります。

覚書に調印する岩崎学長と三重県信用保証協会の植田会長
関係者の集合写真(写真左端から総合政策学部の岡准教授、鶴田学部長、経済学部の岩崎学部長、
写真右側の5人は三重県信用保証協会の皆さん)

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る