2019ディベート大会が開催されました

  • 2020/1/16

1/16(木)に、毎年恒例のゼミ対抗ディベート大会が行なわれました。

今年の論題は「三重県はIRを誘致すべきである。是か非か?」というものです。

9つのゼミでトーナメントが行われました。各試合とも、討論時間いっぱいまで熱のこもった議論が交わされました。どのゼミも今日に向けてしっかりした準備を行ってきたことがレジュメからわかります。

決勝戦は肯定側の富田ゼミと否定側の本部ゼミで戦われ、本部ゼミが優勝を手にしました。

討論の際、発言者にやや偏りがあった点は残念でしたが、どちらのチームもレジュメやQ&A対策など事前準備がしっかり行われてきており、白熱した議論が展開されました。

優勝した本部ゼミには伝統の盾が引き継がれました。おめでとうございます。

いったい来年はどのゼミに盾が渡るのでしょうか?

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る