統計調査について学びました

  • 2021/4/23

 4/22(木)2限、三田ゼミと小林ゼミと合同で、四日市市役所ICT戦略課の伊藤様から、統計調査について、お話を伺いました。

 ICT戦略課は、統計法という国の法律で定められている国勢調査などの基幹統計調査を、 市役所で担っている組織です。今年度は、5~6月に経済センサスという調査が行われることから、学生にも調査員として協力してもらえないかという意図もあり、この日の講義が行われました。

 こうした統計調査は、社会において様々なことを判断していく際の、基礎的な資料として活用されているものです。調査で得られた統計データが社会でどのように使われているのか、その調査がどのように行われているのかなど、お話を伺い、自らも調査員をやってみたいという気持ちになった学生も、何人かいたようです。

 こうして実際に社会と接点を持ちながら学んでいけるのが、本学の強みでもあります。学生たちには、経験を通して、さまざまな知識・能力を身につけていって欲しいと思います。

四日市市役所における統計業務についての説明
「誤解を生む平均値」など統計の落とし穴についてもご説明いただきました

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る