四日市大学ではポルトガル語を学べます!!

  • 2022/1/17

四日市大学ではポルトガル語を学べます!!

こんにちは、四日市大学でポルトガル語を教えているフェリペ・フェハーリです。
日本は、1895年にブラジルと外交関係を樹立しましたが、ポルトガル人は1543年に初めて日本に上陸したので、日伯関係(日本−ブラジル間の交流関係)の歴史は450年以上にわたります。
現在、ブラジルは世界最大の日系人居住地(約210万の日系ブラジル人)です。同時に、日本には約20万人のブラジル人が住んでおり、東海地方には多くの集住地域があることから、教育、医療や企業分野においてポルトガル語に対する関心が高まっています。
四日市大学のポルトガル語の授業ではブラジル・ポルトガル語の基本的な文法を学びながら、ブラジルの文化、教育、経済、国際関係や在日日系ブラジル人コミュニティの生活について勉強します。
バランスよくポルトガル語を学べるよう、日常会話の練習や平易な文章の講読も行い、「読む・書く・聞く・話す」の全般にわたる初歩的な能力を養成します。あわせて、ポルトガル語圏の文化・風俗・歴史・社会事情などに触れることにより、学生の知的好奇心を刺激し国際的視野を広げることを目指します。

関連記事

受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る