カテゴリー:ニュース

    市営住宅に学生が住み込んで地域活性化を

    四日市市と四日市大学が協定を結び、下野地区あさけが丘の市営住宅に大学生が住み、地域の見守り活動や活性化のためのイベントに参加するというプロジェクトが動き始めました。2020年3月の入居を目指し、現在は、学生、市役所、自…

    長野市で8日間の災害ボランティア活動

    四日市大学総合政策学部の学生が中心となって被災地支援をしている四日市東日本大震災支援の会では、台風19号で被害を受けた長野市北部で災害ボランティア活動をしています。泥カキや家財道具の運び出しなどの片付けボラは、10月~…

    松井ゼミ(3年)が「学生の食品ロスの認知度調査」に取組んでいます

    松井ゼミ(3年生)では、大学が実施している「食品ロス削減の研究」に連動して食品ロスに取り組んでいます。11月11日から1週間かけて、学内の2年生と3年生全員を対象に、「四日市大学生の食品ロスの認知度と取組みに関する調査…

    松井ゼミ(4年生)がタウン誌「よっかいちai」の取材を受けました

    松井ゼミでは、昨年度障害者の働く場づくりを行うNPOと一緒に「四日市彩サブレ」を開発しました。四日市の名物8種をデザインしたカラフルなサブレです。このたび四日市で全戸配布されているタウン誌「よっかいちai」さんから、新…

    COC+シンポジウム

     11月23日(土)、三重大学講堂(三翠ホール)にて、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム「三重創生ファンタジスタ養成事業の総括と展望」が実施されました。  COC+は、 地域の課題に…
受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る