カテゴリー:ニュース

    三重県総合博物館で合同授業

     県内の複数の高等教育機関が合同で開設している授業科目「食と観光 実践」。今年は本学からは、総合政策学部の学生11名が受講することになりました。当初は前学期に開講する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開…

    投票でもっとすてきな街に!

     総合政策学部の学生たちが中心になって組織している四日市市選挙啓発学生会「ツナガリ」が、今年11月29日の四日市市長選挙に向けて、若者の投票参加を呼び掛ける動画の作成に、協力しました。  この日、暁高校のグラウン…

    中日新聞にコメント掲載!

    8月29日=ニクの日、中日新聞朝刊の生活面の特集記事<食卓ものがたり>に、小林教授のコメントが掲載されました。ご当地グルメを使ってまちおこし活動をしている四日市とんてき協会代表としてのコメントです。北陸中日新聞や東京新…

    条例でアウティングを禁止?

     三重県では、性の多様性への理解が広がり、性的指向・性自認にかかわらず誰もが自分らしく安心して暮らせる社会となるよう、多様な性的指向・性自認に関する三重県条例(仮称)の制定をめざしています(県ホームページより)。 …

    高大連携授業が新聞記事に!

      6月11日から始まった、岐阜県立郡上北高校で「観光学基礎」や「地域産業探求」を履修している2年生34人と、四日市大学2年小林ゼミ17人との、オンラインでの連携授業(初回の様子は、以下のURLをご参照ください)。 …
受験生サイト
環境情報学部
スタジオ
ページ上部へ戻る