カテゴリー:ニュース

    学校防災ボランティア事業参加者募集締め切る

    三重県内中高生が、宮城県の被災地を訪問し、被災地の方々との交流や心のケア等を含めたボランティア活動、現地中高生と防災合同学習を行うことなどにより、大規模な自然災害発生時に地域で自ら行動できる防災人材の育成に取り組みます。…

    地域パトロール部が三重テレビに出演

    2010年に総合政策学部の学生2名により発案された学生による地域パトロール活動。その後、総合政策学部の学生たちを中心とした後輩たちに受け継がれ、部活動として活動を継続してきました。 この間、小さな親切運動など数々の…

    「市民の伊勢志摩サミット」全体会に本学教授の松井真理子が登壇

    2016年5月26・27日、三重県において、G7伊勢志摩サミットが開催されました。これに先だち、5月23・24日、「市民の伊勢志摩サミット(略称:市民サミット)」が四日市市で開催され、国内外から500人を超えるNGO/N…

    消防・危機管理室と連携した機能別消防団による避難所運営訓練

    四日市大学の学生が中心となって結成された学生機能別消防団の訓練がありました。テーマは、避難所運営訓練です。四日市市の防災倉庫にある、非常用毛布、発電機・灯光器、災害用簡易トイレをお借りし、トイレの設営、避難所での宿泊配置…

    常滑市で地域の可能性について講演

    愛知県常滑市。知多半島の西岸に位置する同市は、大学のある四日市市から見ると、伊勢湾をはさんだ対岸に当たります。 中部国際空港(セントレア)を擁する同市で、5月18日、小林教授が「四日市とんてきから学ぶ地域の可能性」と題…
受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る