アーカイブ:2019年 4月 13日

    書評 コンビニ2題(2)『コンビニ人間』

    第155回芥川賞受賞作品。初めて読んだのは今年初め。店頭で、ペラペラとページをめくりながら、音や色の表現が気になった。自分の感覚器が、まるで、センサーのように機能しているようだ。感覚器を通じて侵入してくる外部刺激への反応…
受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る