アーカイブ:2019年 4月 16日

    展評 川喜多半泥子の愛蔵品―茶道具を中心に―(1)

    桜吹雪が迎えてくれた。セーターを邪魔に感じる季節となり、ネルの長袖を着たままだった僕には、林のなかを抜ける静かな風が心地よかった。建物の前には、背の高い山桜がある。ちょうど、林を抜けたそよ風が、高い枝から花びらたちを運び…
受験生サイト
環境情報学部
情報センター
ページ上部へ戻る