アーカイブ:2019年 4月 17日

    展評 川喜多半泥子の愛蔵品―茶道具を中心に―(2)

    つづきである。 駄洒落だろうか。3年前にも同じようなことを考えた。モノと言葉と行動が、ひとまとまりの駄洒落になっている、ようだ。遊び心、と言えば聞こえもいいのかもしれないが、やはり、駄洒落だろう。どこからか、なぁん…
受験生サイト
環境情報学部
コンピュータセンター
ページ上部へ戻る